本文へスキップ
小浜商工会議所のご紹介  
   
商工会議所とは  
 
商工業の総合的な改善・発達を図り、地域経済の発展と地域全般の福祉の増進に寄与することを目的とした『総合地域経済団体』で、商工会議所法という特別な法律によって設立されています。
いきいきとした経済社会を創り出すのは民間の力です。商工会議所は民間活力を引き出し、これを高揚させていく中核団体として、商工業の振興、交通体系の整備、観光や文化の振興、税制金融改革など多岐にわたる諸問題についてタイムリーに取り上げ、様々な事業を行っています。


 会員  

商工会議所の運営を支え、事業活動の推進力となるのは会員です。
会員は、自分の営む事業の発展の為に、部会に出席して意見を述べたり、情報、資料および刊行物の提供を受けることが出来るなど、
商工会議所の行う事業をとおして様々な利益を得られます。
なお、商工業者でなくとも、地域の振興や福祉の増進の為に商工会議所会員になることができる途が開かれています。 


部会  

会員が営んでいる主要な事業の種類ごとに、それぞれの事業の適切な改善発達を図るために部会を置いています。
会員はいずれかの部会に所属します。(特別会員は除く)

部会 :小売商業部会・卸売商業部会・工業部会・水産部会・建設運輸部会・観光サービス部会
 委員会

商工会議所がその目的達成に必要な地域問題や経済問題、あるいは運営上の重要事項を調査研究する機関で、
議員と有識者により構成されており、現在下記の委員会が積極的に活動を行っています。。

委員会:総務委員会、街づくり委員会、市街地開発委員会、地域づくり委員会、交通開発委員会


 議員制度

会員の中から「議員」が選ばれ、3年ごとに選挙が行われます。
商工会議所の議員はさまざまな地域、業種の会員及び特定商工業者の中から選ばれ、会員の意見を代表して商工会議所の事業を運営していく重要な職務です。
議員は最高意思決定機関である議員総会に出席して、運営方針や事業を審議し、決定に参画します。
そのほかの役割としては、部会や委員会で中心的に活動することとなり、まさに、小浜経済の活性化を担うリーダーの役割を果たしています。

1号議員(30名):会員及び特定商工業者による投票で選ばれた議員です。
2号議員(21名):各部会から選任された議員です。
3号議員(9名) :あらゆる業種、業態、地域を網羅し、会頭が常議員会の同意を得て選任します。

常議員(20名):議員の中から選任され、常議員会を組織します。
          常議員会は議員総会で話し合う議題をあらかじめ審議したり、特定の事項について迅速に処理するための審議機関です。


 特定商工業者

商工会議所には、法律で定められた一定規模以上の企業(特定商工業者)にその登録(法定台帳の提出)と経費負担(負担金の納入)のご協力をいただき、その地域の商工業の実態把握を行い、地域経済の改善発達のための基礎資料とする特定商工業者制度が設けられております。これは、全国的な制度です。




〒917-8533 福井県小浜市大手町5番32号
TEL:0770-52-1040 FAX:0770-53-3567